糸魚川市は、「翠の交流都市 さわやか すこやか 輝きのまち」を将来の都市像に掲げ、その実施に向けたまちづくりに取り組んでいます。

 こうした中、平成21年8月、当地の優れた自然や地質、関連する歴史文化や動植物などが、日本で初めてユネスコが支援する「世界ジオパーク」に認定されました。

 地域愛・郷土愛の醸成とともに、当市の魅力を更に高める取組を進めるためにも、皆様から是非、まちづくりにご協力をいただきたく、当市で生まれ育った、また、所縁がある方々から「ふるさとを応援したい」「まちづくりに参加したい」といったお気持ちを、寄附金として募集しています。

 皆様からのふるさと糸魚川市への熱意をお待ちしています。
                         
 糸魚川市長 米田 徹

お申込みはこちら(外部リンク)


 ↑バナーをクリックください。

ふるさと納税について

ふるさと納税とは
申し込み方法
寄附へのお礼品
寄附金を活用する施策のメニュー
充当事業について
ワンストップ特例制度について

 

 

~寄附者様からのメッセージ~

 ご寄附に合わせて、みなさまから暖かなメッセージを沢山お寄せいただいておりますので、その一部をご紹介させていただきます。(R2.12.15 更新)


大火も乗り越え、羽ばたく、第二の故郷みたいに感じています。
ささやかですが今年も寄附します。
訪れたことがあり、日本酒と魚が美味しい印象があり、糸魚川市を応援しています
糸魚川へはまだ行ったことがないので、コロナが収まればいつかは行ってみたいと思います。 少額ですが市政に活用いただけたら幸いです。
糸魚川にいったことがあり、食べ物がとてもおいしくて、景色が良く、とても気持ち良い時間を過ごすことができました。また行きます。
自然豊かな糸魚川市が大好きです。 地域のためにお役立てください。
大火災の際、ボランティアでお伺いした際は、とても美味しいおにぎりや豚汁ありがとうございました。 いつも応援してます。
家族で糸魚川市で応援しています。
私自身も新潟県出身なので、地元を応援できればと思い申し込みました。今年はコロナウイルスのせいで帰省できなかったので、ふるさと納税を通じて地元の役に立つことができたらうれしいです。
大火事からは復興されつつあるのでは思いますが、コロナ禍で大変だと思います。寒くなりますが、皆様ご自愛ください。
世界に誇る伝統、文化を維持していって下さい。
数年前富山県入善町に住んでいた頃に何度か加賀の井さんへお酒を購入しに訪問させていただきました。 その後他県に引っ越してから糸魚川大火があり本当にショックを受けましたが、今日また加賀の井さんのお酒を楽しめる事を本当に嬉しく思います。 まだまだ復興半ばかとは思いますが、糸魚川市の益々のご発展を心よりお祈りいたします。
雄大な景色とヒスイに魅せられて、糸魚川を毎年訪れている者です。 僅かながらではありますが、役立てていただければ幸いです。

ひすいの里のお米は美味しくて、毎年寄附金の返礼を楽しみにしています。 今年は新型コロナウィルスの影響で生産者の方も大変かと思いますが、美味しいお米をこれからも 作り続けられるよう応援しています。

未来の子供たちが健康で暮らせるよう、自然を守り、農薬や除草剤に頼らない農業のために寄付いたします。

町の安心・安全のために注力していただきますよう、お祈りしております。

酒蔵を応援したいです。糸魚川のお酒を口にする機会がなく寂しい思いです。また幼い頃地球科学への魅力を教わった者にとって糸魚川は聖地です。

故郷の安心安全を願っています。

コロナの関係でなかなか行ったり泊まったり飲食したりできませんが、陰ながら応援してます。

ふるさと納税を通じて、「翡翠の町」であることを知りました!これからもまちづくり頑張ってください!

転勤でかつて3年間、住んだ糸魚川は第二の故郷です。応援しています。頑張ってください‼

あの大火以来毎年協力させていますがその後復興は如何ですか。例のコロナ過で思うように協力できませんが心ばかりの応援をさせていただきます。皆様の活躍をお祈り申し上げます。

昨年糸魚川駅より、フォッサマグナ、髙浪の池方面へのバスツアーに参加しました。ガイドさんも同乗されて、分かりやすい説明をされていました。

昔ながらの風情を保ちながら発展していく良い街になっていただきたいと節に願い、陰ながら応援しております。

最近、ふるさとがとても恋しく思います。 糸魚川の町がますます繁栄するよう応援しています。

駅北大火の翌年に初めて糸魚川に降り立って以来、気づけば何回か足を運んでいます。シャルマン火打スキー場に行ったり、ブラック焼きそばやジオ丼を食べ歩いたり、何度も行きたくなる街です。駅北の復興の様子も来る度に見ています。今年は新型コロナウイルスという脅威に見舞われていますが、必ず乗り越えられると信じています。