糸魚川市鳥獣被害防止対策協議会
 近年市内において、イノシシ・ニホンザル・ツキノワグマ・カラス・ハクビシン等(鳥獣)による農作物被害及び人的被害が多発しています。市では、関係機関による情報の共有と連携強化を図りながら効果的な被害防止策を推進するため、糸魚川市鳥獣被害防止対策協議会を平成21年2月に設立しました。

取組概要
 1 研修会等の開催
 2 鳥獣被害、生息状況の把握
 3 集落周辺の環境整備
 4 鳥獣捕獲、追払い体制の整備、捕獲従事者の育成
 5 糸魚川市鳥獣被害防止計画の作成、検証

糸魚川市鳥獣被害防止計画
 鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(鳥獣被害防止特措法)が平成20年2月に施行されました。この事に伴い、糸魚川市鳥獣被害防止対策協議会では、鳥獣被害防止特措法を活用し被害防止を推進するため、糸魚川市鳥獣被害防止計画を定めました。現在の計画は平成27年度から平成29年度となっており、本計画により鳥獣被害の防止を図っています。

ダウンロード
 糸魚川市鳥獣被害防止計画(PDF:250KB)

鳥獣被害防止リーフレット
 鳥獣による農作物被害などを防ぐため、野生動物の生態や被害防止策などをまとめましたので、ご利用ください。

ダウンロード
 ツキノワグマ被害防止(PDF:2,651KB)
 イノシシ被害防止(PDF:3,557KB)
 ニホンザル被害防止(PDF:2,285KB)