更新日:2019年6月4日

地域おこし協力隊とは

 都会から糸魚川市へ移住し、住民の皆さんと共に地域に潜在する地域力の維持・活性の強化をはかりながら、任期終了後の定住に向けた活動をする市の非常勤職員です。
 ※総務省の外部人材活用制度の一つである「地域おこし協力隊」制度を活用した取組みです。糸魚川市では、平成27年度から開始しました。

■「地域おこし協力隊」について詳細はこちらから(外部リンク)
 ・総務省ホームページ
 ・JOINホームページ

私たちが「地域おこし協力隊」です

地域おこし協力隊として、採用時に与えられた業務の達成に向けて日々活動しています。

 

 協力隊

 配置日

担当地区 

ミッション内容 

村上隊員

平成30年4月1日  なりわいネットワーク   「糸魚川なりわいネットワーク」コーディネーター業務
・新商品、新サービス開発
・販路の拡大
・地域ブランドの創出
 

金井隊員

平成31年4月1日  上南地区 地域振興業務
・上南地区地域づくり活動の推進
・農産物等の販売支援
  

荒川隊員

 令和元年6月1日   復興まちづくり情報センター  大火復興業務
・復興まちづくり情報センターやにぎわいづくり団体の活動支援
・中心市街地で行われる各種イベントの企画や運営支援
・各町内会などのコミュニティ活動の企画や運営支援
・人材育成活動の実施や組織化への誘導や支援

 

これまでの主な活動成果

■やけやまカフェのスープデイ


地元で見慣れた食材を、世界の料理に変身させる試み。
上早川地区・焼山の里ふれあいセンターにて実施。

■焼山の里ふれあいセンターにて直売所オープン

地域づくりプラン・農産物販売部の活動の一環として、
直売所の店番をして、生産者や地域住民と交流。

■「にぎわいの光を灯せ!復興イルミネーション2017」動画撮影
 (※画像クリックで動画再生ページへ移動します。)


■小滝地区でのツアーイベントを企画



■高波の池の看板ペンキ塗り


■移住相談会