新潟県アスベストの排出及び飛散の防止等に関する条例
 アスベストを大気中に「飛散させない」ための仕組みを作り、「健康被害を防止」するための条例です。

◆県の責務
■アスベストに関する「情報の提供」
・アスベストによる「大気汚染調査を実施し、結果を公表」します。
・「相談窓口」を設置します。
・「アスベスト除去工事を施工する業者の名簿」を作り公表します。

■建築物解体工事などからの「アスベストの飛散防止」
・建物に使用されているアスベストを「解体工事から廃棄処理まで」監視します。
・「作業現場への立入調査と環境調査」により、アスベストが飛散していないか確認します。

◆事業者の責務
■アスベストを飛散させない作業の実施
・条例に定める「作業基準」に適合した工事を計画し、作業開始日の14日前までに、県へ作業実施計画を届け出てください。
・工事内容に関する看板を工事の施工場所に掲示する他に、周辺にお住まいの皆さんへの工事内容の周知に努めてください。
・アスベスト廃棄物の処理方法を、終了時には作業完了を、県及び工事の注文者に報告してください。

◆建築物所有者の責務 
 建築物に吹付けアスベスト等が使用されているときは、アスベスト飛散の防止措置(除去、封じ込めなど)を実施してください。

 詳しくは、県のホームページをご覧ください。

吹付けアスベストの除去経費等に対する融資制度
 県内に工場又は事業場を有する中小企業者や住宅を有する個人が、工場、事業場又は個人住宅などに使用されている吹付けアスベストその他の飛散性のアスベスト建材の飛散防止措置、除去後の代替工事及び廃棄処分を行う場合、低利で融資する新潟県環境保全資金融資制度があります。

 制度の概要は、次のとおりです。
◆融資額:限度額2,500万円(必要経費の5分の4以内)
◆年利率:2.15%(新潟県信用保証協会の債務保証付きの場合は1.85%)
◆償還期間:元金均等月賦8年以内(うち据置期間1年以内)

 詳しくは、上越地域振興局健康福祉環境部環境センター環境課(電話025-524-4237)へお問合せください。