更新日:2016年10月26日
 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)は、地方公共団体が実施する地方創生事業(まち・ひと・しごと創生寄附活用事業)に対して、民間企業の皆様が寄附を行った場合、税負担の軽減を受けることができる制度です。
 本市では、この制度を活用して地方創生の取り組みを応援してくださる企業を募集しています。

○本市の対象事業
 1 地域ぐるみで自分で考えて行動できる人づくりに取り組む
    → 糸魚川ユネスコ世界ジオパークの人づくり

 2 豊かな森林資源を生かして、地域経済、中山間地の活性化に取り組む
    → 糸魚川ユネスコ世界ジオパークの森づくり


○税額控除のイメージ

損金算入措置
(3割)

本制度による控除 3割

法人住民税+法人税 2割

法人事業税     1割

企業負担4割


○寄附について
 ・自社の本社が所在する地方公共団体への寄附は、本制度の対象外です。
 ・1企業における1事業あたりの寄附は、10万円からとなります。
 ・寄附の代償として経済的な利益を受け取ることは、禁止されています。
 ・本制度の対象期間は、平成28年度から平成31年度までです。

○寄附の流れについて
 ・寄附の申出をしていただきます。 → 寄附の申出書はこちら
 ・市で寄附の対象事業を実施し、事業費を確定します。
 ・市から寄附の払い込み方法をお知らせします。
 ・市へ寄附を払い込みいただきます。
 ・市から受領書を送付します。
 ・税申告の手続きをしていただきます。