糸魚川市では従来から実施している不妊治療費助成に加え、新たに平成28年4月1日から不育症治療費への助成を行います。
対象者 次の条件をすべて満たす夫婦が対象となります。
1.法律上の婚姻をしている夫婦
2.治療期間及び申請日ともに、糸魚川市に住民登録がある夫婦
3.夫婦ともに市税の滞納がないこと。
4.医療機関において、不妊治療又は不育治療が必要と診断され実際に治療した夫婦。
対象となる治療 医師が認める不妊治療
◆排卵誘発法 ◆タイミング法 ◆人工授精 
◆体外受精  ◆顕微授精 など
医師が認める不育治療
◆免疫異常  ◆内分泌異常
◆夫婦染色体異常 ◆子宮異常 など
対象となる治療費 申請日より、前1年以内に行った不妊治療費、不育治療費
※ただし、不育治療費は、平成28年4月1日以降の治療費が対象。
助成金額 1回の申請につき、8万円(限度額)
※年度内に、不妊、不育両方の治療を行った場合は、合計額に対して上限8万円の助成となります。
※ただし、県等の助成を受けることができる場合は、その額を控除して算定します。
助成回数 申請は1年度1回とし、通算5回まで可能
必要書類 ・不妊不育治療費助成事業申請書
・不妊不育治療費助成事業受診等証明書
・不妊不育治療に要した費用の領収書及び診療明細書
・県等の助成を受けている場合は、それを決定した通知書等
特定不妊治療費助成については、新潟県でも行っています。
詳しくは、糸魚川地域振興局にお問い合わせください。

ダウンロード
糸魚川市不妊不育治療費助成事業申請書(PDF:109KB)
糸魚川市不妊・不育治療費助成事業受診等証明書(PDF:94KB)