糸魚川市は、「翠の交流都市 さわやか すこやか 輝きのまち」を将来の都市像に掲げ、その実施に向けたまちづくりに取り組んでいます。

 こうした中、平成21年8月、当地の優れた自然や地質、関連する歴史文化や動植物などが、日本で初めてユネスコが支援する「世界ジオパーク」に認定されました。

 地域愛・郷土愛の醸成とともに、当市の魅力を更に高める取組を進めるためにも、皆様から是非、まちづくりにご協力をいただきたく、当市で生まれ育った、また、所縁がある方々から「ふるさとを応援したい」「まちづくりに参加したい」といったお気持ちを、寄附金として募集しています。

 皆様からのふるさと糸魚川市への熱意をお待ちしています。
                         
 糸魚川市長 米田 徹

【※必ずご一読ください】年末年始の取り扱いについて

【お申し込みとご入金について】

平成30年分のふるさと納税として確定申告・住民税申告で寄附金控除を受けることができるのは、下記の期日までにご入金いただいた分となりますのでご了承ください。余裕をもったご入金にご協力をお願いいたします。

期日を過ぎた入金につきましては、平成31年分のご寄附となりますので、ご了承ください。

入金方法

平成30年分の寄附となるもの

クレジット決済

平成301231日(月曜日)中にクレジット決済処理が完了しているもの
※決済異常や未決済にご注意ください

ゆうちょ銀行・
郵便局での入金

平成301228日(金曜日)中に入金が完了しているもの

納入通知書払い

平成301228日(金曜日)15時までに糸魚川市の指定金融機関での入金が完了しているもの

口座振込

平成301228日(金曜日)15時までに市の口座への入金が完了しているもの

現金書留

平成301228日(金曜日)正午までに市へ到着したもの

【寄附受領証明書の発行】

上記の期日までにご入金が確認できたものを平成30年分のご寄附として、受領証明書を発行いたします。

 ご入金から発行までの日数は入金方法により異なりますが、すべての寄附者様へ1月末までに郵送いたします。

1月末日になっても寄附金受領証明書がお手元に届かない場合は、お手数ですが担当までご連絡ください。

【お礼品の発送】

平成301214日(金曜日)までにご入金が確認できた分につきましては、年内にお届けいたします。それ以降のご寄附につきましては年明けとなる可能性もございますので、ご了承ください。

【ワンストップ特例申請書の送付とご提出】

年内のワンストップ特例申請書の送付は、平成30年1221日(金曜日)の入金分までといたします。それ以降にご入金された方は、当市からのワンストップ特例申請書の送付はいたしませんので、市HP等から様式をご用意いただき、平成31110日(水曜日)必着で送付いただくか、受領証明書にて確定申告をお願いいたします。

 ※申請用紙のご記入の際は、押印忘れや訂正印の忘れ、記入漏れにご注意ください。

【その他お問い合わせ】

市役所閉庁期間…平成301229日(土曜日)~平成3113日(木曜日)

平成301228日(金曜日)の閉庁時間(1715)後のお問い合わせ等につきましては、平成3114日(金曜日)以降の対応となりますので、ご了承ください。



お申込みはこちら(外部リンク)


 ↑バナーをクリックください。

ふるさと納税について

ふるさと納税とは
申し込み方法
寄付へのお礼品
寄付金を活用する施策のメニュー
充当事業について
ワンストップ特例制度について

 


寄附者様からのメッセージを紹介します!

 ご寄附に合わせて、みなさまから暖かなメッセージを沢山お寄せいただいておりますので、その一部をご紹介させていただきます。(H30.12.7 更新)

日本全国糸魚川ほどの恵まれた自然は少ないです。 頑張れ糸魚川。

御市の火災規模には及びませんが、我がまちも商店街が火災に見舞われました。復興の見本となるような再興を期待しています。頑張ってください。

糸魚川の皆様へ。大火から、はや2年を迎えますが、日々復興に向けてのご尽力に敬意を表します。一刻も早く、街の再建・賑わいを心より願っております。

私は母の里帰り出産で能生の鶉石というところで生まれました。 (旧西頚城郡)大火に驚きましたが、負けず頑張ってください。

東日本大震災の時に子供を糸魚川に転校させましたが、役場の職員、学校の先生、地域の方々から手厚い援助を受けました。非常に苦しい時に皆様から助けていただき感謝申し上げます。糸魚川の発展を東北の地から応援しています。

よりよいまちづくりを応援しています! 絆は永遠です!

少しずつでも復興しているようで嬉しいです。来年は糸魚川へ行ってみたいです。

いつも探石行でお邪魔し、お世話になっています。私たち夫婦にとって、今や糸魚川は第二の故郷です。これからも微力ながら応援させていただきます。

妻の故郷であり、義母が元気に暮らす糸魚川。 私も子供たちも年数回の訪問を楽しみにしています。のんびりできてとても好きな町です。

今年も引き続き応援いたします!まだまだ、これからですよね。頑張ってくださいね。年末が来るたびに思い出しますが、これから、もっと元気になる糸魚川が楽しみです。 

火事は思い出をけしさる辛い出来事です。 心の傷も身体の傷も癒して明るく楽しい未来に向かってください。 そしていつか、家族で糸魚川を訪れてみたいです。

長男の幼稚園時代から5年間お世話になりました。暖かい人々に囲まれて思い出深い5年間でした。また、訪れたいと思います。

突然の災害を乗り越えられ、皆様で奮闘されている様子を知り感服しています。糸魚川の益々の繁栄をお祈り致します。

過疎化してゆく地元に根を張り頑張っている人たちを応援したいです。

歳を重ねるとふるさとへの思いが深まるものです。最近糸魚川の知名度が高まっており、大変にうれしく思います。

糸魚川を離れてから60年経ちました。時も距離も遠く離れましたが、いつまでも故郷を応援しています。

転勤を続けながら落ち着いたのが糸魚川市でした。子供の出身地は糸魚川市になります。大火の時には長時間本当に心配しました。犠牲者が0人だったことは本当に良かったです。駅前地区を含め今まで以上に住み易い、素晴らしい街になることを期待しています。