糸魚川市は、「翠の交流都市 さわやか すこやか 輝きのまち」を将来の都市像に掲げ、その実施に向けたまちづくりに取り組んでいます。

 こうした中、平成21年8月、当地の優れた自然や地質、関連する歴史文化や動植物などが、日本で初めてユネスコが支援する「世界ジオパーク」に認定されました。

 地域愛・郷土愛の醸成とともに、当市の魅力を更に高める取組を進めるためにも、皆様から是非、まちづくりにご協力をいただきたく、当市で生まれ育った、また、所縁がある方々から「ふるさとを応援したい」「まちづくりに参加したい」といったお気持ちを、寄附金として募集しています。

 皆様からのふるさと糸魚川市への熱意をお待ちしています。
                         
 糸魚川市長 米田 徹

お申込みはこちら(外部リンク)


 ↑バナーをクリックください。

ふるさと納税について

ふるさと納税とは
申し込み方法
寄付へのお礼品
寄付金を活用する施策のメニュー
充当事業について
ワンストップ特例制度について

 


~寄附者様からのメッセージ~

 ご寄附に合わせて、みなさまから暖かなメッセージを沢山お寄せいただいておりますので、その一部をご紹介させていただきます。(H31.1.15 更新)

災害支援も子育て支援も単年度事業では成果は出ません。 大変な事も多いかと思いますが、一緒に頑張っていきましょう🎵

我が故郷糸魚川がより一層住みやすい街になるよう、微力ながら応援しています。

毎年、春と秋に「東京→糸魚川ファストラン」に参加しています。これからも、応援させていただきます。

先日、新潟市で行われた「糸魚川復興支援マルシェ」会場を尋ねて懐かしいふるさとの味を楽しませてもらっています。スキーシーズン到来でシーサイドバレーやシャルマン火打にも出かけたいと思います。地元の頑張りをこれからも応援し続けます。

祖父が生まれて生きて死んだ街であり父の生まれ育った街であり、自分にとってはふるさとといえる街です。 古き良き日本の里山の風景が在り続けてほしいです。

親が能生出身ですが、私自身は関東に住んでいることもあり、糸魚川には数えるほどしか行ったことがありませんが、ふるさと納税やアンテナショップを利用することで、2年前の痛ましい災害から立ち直ろうとしている糸魚川の皆様に少しでも貢献できればと思っております。 機会があれば直接行って糸魚川のいいところをぜひ堪能してみたいと思います。

昨年、一昨年と糸魚川の文化事業で何度も伺いました。大火の前も、直後も町を歩きました。知り合った人たちのなかに、被害に会われた人もたくさんいました。 いつも、行くとふるさとに帰ってきたような気持ちにしてくれる町です。ずっと、応援してます。

名古屋市からのメッセージです。糸魚川は妻の実家で子どもたちの出生地です。美しい自然と豊かな伝統をぜひ後世まで守り続けていくことを応援いたします!

糸魚川らしさを残した復興をお願いします。

現在はさいたま市に住んでいますが、10歳まで青海町で過ごしていました。その後北陸自動車道、新幹線が開通して糸魚川市の発展を喜んでいましたが、2年前の大火による甚大な被害にショックを受けました。1日も早く元の生活に戻る事を願っております。

新幹線、ひすい、美しい海岸と可能性を秘めていると思います。人口増加のためにがんばりましょう。

火事で大変な思いをされた方が多いので、ずっと気になっていました。わずかな寄付金ですが、街の再生にむけて活用していただければ嬉しいです。頑張ってください!!

糸魚川大火の際、ボランティアでお伺いしました。 復興を心より祈ってます。 大好き新潟!

以前糸魚川市で勤務したことがあり、家族でお世話になっていました。楽しく過ごした町があのような大火に見舞われ、残念ですが、復興をお祈り申し上げます。

大火の影響はまだまだ残ると思いますが、少しでもお手伝いができればと思います。

ようやく2年、まだまだ復興への道のり半ばと思います。応援しています。

子供の頃、糸魚川の自然の中で過ごした夏休みは今でも心の栄養になっています。 ささやかながら御礼を込めてお送りします

火災があった日が娘の誕生日でした。娘の誕生の喜びとともに火災が起こったことに驚いた事を覚えてます。応援しています!

保育園~高校まで生活していました。 活気ある街づくりの支援ができたらと思います。

45年前の糸魚川小学校卒業生です。糸魚川を離れ約45年、糸魚川に行く事はできませんが、いつも糸魚川のことを思っています。火災からの復興が進むことを遠くから応援しています。毎年少しずつですが、応援をさせてください。いつの日か一度糸魚川に行きたいと思っています。

テレビから被災された方々の表情が明るくなってきたのを感じ、胸をなでおろしています。頑張りすぎずに少しづつ穏やかな日々を取り戻していってくださいね。