発熱時の受診、相談先

更新日:2020年6月30日

■ 発熱など風邪かなと思ったら

あわてて受診せず、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

発熱により受診する際は、必ず事前に電話連絡をしてから受診しましょう。

医療機関によっては、発熱外来の案内があります。

※受診する際は手洗いとマスク着用の徹底をお願いします。

 

 

新型コロナウィルスへの感染が心配 症状がある場合

はじめは軽い風邪の症状ですが、症状が長引き「息苦しさ」と「強いだるさ」が出てきた場合、新型コロナウィルス感染症を疑います。

症状がある方は  帰国者・接触者相談センターへ まず電話で相談してください。

 

帰国者・接触者相談センター連絡先(令和2年6月30日17時15分から変更)

設置場所:糸魚川保健所(糸魚川地域振興局健康福祉部地域保健課)

025-553-1933(平日:8時30分から17時15分)

025-552-0611 (土日祝:8時30分から17時15分)

設置場所:新潟県福祉保健部健康対策課 ※夜間のみ

025-256-8275 (夜間:17時15分から翌日8時30分)

 

<相談の目安>5月8日改訂

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください 。( これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合

 ☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状がある場合

 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 ☆上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合

  (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに

   相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 【妊婦の方へ】

  念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

 【お子様をお持ちの方へ】

  小児については、小児科医の診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけの小児

 科医療機関へ電話などでご相談ください。

   

また、発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。

 


 

最新の情報は、厚生労働省等のホームページをご確認ください。

感染症情報(厚生労働省) <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)<外部リンク>

 

感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~(首相官邸)<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)<外部リンク>

新潟県感染症情報(週報)<外部リンク>