青海の竹のからかい(1/15)

更新日:2020年1月14日

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「青海の竹のからかい」は、小正月行事のさいの神と一連のもので、顔に隈取り(くまどり)をした若い衆が、組み合わせた2本の青竹を東町と西町に分かれて引き合い、豊作・豊漁を願う小正月行事です。市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つであり、江戸時代から続いていると言われています。
 イベントの詳細は、外部リンクをご参照ください。

とき

1月15日(水曜日) 12時30分~16時頃

詳細な日程(予定)
12時15分 開会
12時30分 竹のからかい(大人1回目)
13時00分 竹のからかい(子ども1回目)
13時10分 福もちまき(1回目)
13時30分 竹のからかい(大人2回目)
14時00分 竹のからかい(子ども2回目)
14時10分 福もちまき(2回目)
14時30分 竹のからかい(大人3回目)
15時30分 さいの神・どんど焼き(海岸にて)

ところ

青海駅前本町通り

外部リンク
 青海の竹のからかい(糸魚川観光情報ポータルサイト)