<感染予防について>
感染予防はどのようにすればよいか
手洗いを徹底しましょう
 石けんによる手洗いやアルコール消毒など、一般的な感染症予防対策や健康管理を心がけてください。特に、外出先からの帰宅時や、症状のある人の介助や介護をされた後は、石けんで入念に手洗いをお願いします。
3つの「密」を避けましょう
 密閉(換気が悪い)、密集(人が密に集まっている)、密接(間近での会話や接触がある)という3つの条件が重なると集団感染の危険が高まります。こういった状況を極力避けるため、不要不急の外出は控えてください。
咳エチケットを守りましょう
 マスクの着用を心がけ、咳やくしゃみをする際はハンカチ、ティッシュ、袖、肘の内側等で口・鼻をおさえて、他の人にかからないようにしてください。


感染拡大地域から市内に移動する場合はどうすればよいか
 感染が拡大している地域との往来は控えてください。やむを得ず移動する場合は、2週間程度外出や他の人との接触を避け、健康観察を行い、その間の行動歴の記録をしてください。


イベント等の開催の可否を判断する基準はあるか
 市が主催(共催)するイベント等の実施の判断は、県に準じて行っています。市主催以外のイベント等については、主催者自身が実施の判断をすることになりますが、やむを得ず実施する場合には、可能な限り感染防止策を徹底してください。
 →新潟県 新型コロナウイルスのまん延防止に向けた協力のお願い


<感染が疑われる場合の対応について>5月8日改訂
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。

(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合

重症化しやすい方(※)で、発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

☆上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

【妊婦の方】

念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

 

【お子様をお持ちの方へ】

小児については、小児科医の診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけの小児科医療機関へ電話などでご相談ください。

 

また、発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。


  

症状に不安がある場合はどこに相談すればよいか
 帰国者・接触者相談センターに電話で相談してください。その上で感染が疑われる場合は、受診する日時、病院を調整して本人に伝えます。本人は自分で指定された医療機関を受診することになります。

≪ 帰国者・接触者相談センター連絡先≫

設置場所:糸魚川保健所(糸魚川地域振興局健康福祉部地域保健課)

 025-553-1933(平日:8時30分から17時15分)

☎ 025-552-0611 (土日祝:8時30分から17時15分)

設置場所:新潟県福祉保健部健康対策課※夜間のみ

☎ 025-256-8275 (夜間:17時15分から翌日8時30分)

 

”濃厚接触者”とはどのような人のことをいうのか

患者の感染可能期間(注)に接触した方のうち、次に該当する方です。

(国立感染研究所「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年4月20日暫定版)」より)
・ 患者と同居あるいは長時間の接触があった方
・ 適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた方
・ 患者の体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
・ 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、感染予防策なしで、患者と15分以上の接触があった方

(注)「患者の感染可能期間」とは、発熱・咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状を含めた新型コロナウイルス感染症を疑う症状を呈した 2 日前から隔離開始までの間

※詳細や最新情報は国立感染症研究所のホームページ(https://www.niid.go.jp/niid/ja/)をご確認ください。

 

<情報公開について>
市内での感染情報は、どのように公表されるのか
 市のホームページや安心メール、防災行政無線等によりすみやかに公表します。


感染者本人や濃厚接触者等の情報は公表されるのか
 感染者本人や濃厚接触者等の調査は、保健所を所管する新潟県が行っています。このため、新潟県が公表している以上の情報を市では持っておらず、市から感染者本人や濃厚接触者等に関する情報を公表することはありません。


<新型コロナウイルス感染症関連の救済制度等について>
テレビや新聞でコロナ関連の救済制度が報じられているが、どうすれば受けられるか
 国等の各機関から出されている情報をご覧いただけるよう、市のホームページの「新型コロナウイルス関連情報」に関連するページをリンクさせていますので、そちらをご確認ください。