関東地方を中心に全国で風しんが流行しています。風しんは感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる感染力が強い感染症です。職場や電車など人が多く集まる場所で多くの人に感染させる可能性があり、成人が感染すると高熱や発しんが長引き、重症化することがあります。
 また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週ころまでの女性が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが難聴、心疾患、白内障などの障害を起こす「先天性風しん症候群」にかかることがあります。風しん流行に伴う、先天性風しん症候群発生を防止するため、予防接種費用の一部を助成します。
 

対象者

糸魚川市内に住民票があり、風しん抗体価(※)が基準未満(HI抗体価16倍以下、またはEIA価8.0未満)の方で、次のいずれかに該当する人。(助成対象者1人につき、1回限り申請可能)

 (1) 妊娠を希望する女性
 (2) 妊娠を希望する女性の配偶者または同居者
 (3) 風しん抗体価が基準未満の妊婦の配偶者または同居者

対象者確認チャート(PDF:316KB)
    
※風しん抗体価検査
予防接種費用の助成を受けるには、事前に風しん抗体価の検査(血液検査)が必要です。対象者の方は、抗体検査を無料で受けることができます。
詳しくは新潟県ホームページをご覧ください。

接種期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

接種方法

接種券交付申請書に必要事項を記入し、下記の添付書類とあわせて、市役所健康増進課、能生事務所、青海事務所へ提出してください。(郵送可)
 ≪添付書類≫
 ・風しん抗体価がわかる書類の写し
 ・妊婦の風しん抗体価がわかる書類の写し(抗体価が低い妊婦の配偶者又は同居者が申請する場合)
接種券交付申請書(PDF:84KB)

後日、風しん予防接種券を交付しますので、実施医療機関で予防接種を受けてください。
R2年度実施医療機関一覧(PDF:193KB)

詳しくは、下記をご覧ください。
風しん予防接種の受け方(市内で接種予定の方)(PDF:662KB)

助成額

接種費用のうち、下記の上限額までの金額。
 ・風しん単独ワクチン 6,000円
 ・麻しん・風しん混合ワクチン 9,000円
※助成額との差額は医療機関にてお支払いください。
 接種費用は医療機関によって異なります。

助成方法

接種券交付時にお渡しする「助成金代理受領委任状」に記入・押印のうえ、医療機関に提出してください。

 

注意事項

予防接種を受ける前に接種前の注意事項を必ずお読みになり、予防接種の必要性や副反応等をよく理解したうえで受けましょう。
予防接種は義務ではありませんので、十分に納得できない場合には、接種を受けないでください。

市外医療機関で予防接種を受けたい場合

市外医療機関での接種を希望する方は、接種費用全額をお支払いいただいた後に、助成金交付申請書類等を提出してください。詳しい受け方は下記をご覧ください。

風しん予防接種の受け方(市外で接種予定の方)(PDF:658KB)

 ≪添付書類≫
 ・風しん予防接種を受けたことを証明する書類 
 ・接種者の風しん抗体価が分かる書類の写し
 ・妊婦の風しん抗体価が確認できる書類の写し
  (抗体価が低い妊婦の配偶者又は同居者が申請する場合のみ)
 
・風しん予防接種に係る費用が分かる領収書 

助成金交付申請書(PDF:107KB)

医療機関で予防接種を受けるときの注意

医療機関から紹介状なしで、特定機能病院や地域医療支援病院へ初診で受診した場合、国の制度で初診料のほかに療養費という各病院が定めた金額が必要になります。
普段からその病院へ定期的に受診している方以外は、予防接種でも、予防接種費用のほかに療養費が自己負担となります。ご注意ください。

【市内及び近隣の医療機関で療養費が必要な医療機関】
糸魚川・上越管内
◆糸魚川総合病院 特定療養費1,500円+税
♦県立中央病院 特定療養費5,000円+税
♦新潟労災病院 特定療養費2,300円(税込み)
♦上越総合病院 特定療養費2,000円+税
富山県
♦黒部市民病院 選定療養費 現行1,620円(税込み)
              ⇒令和元年6月1日から5,000円+税