県内にインフルエンザ警報が発令されています。

インフルエンザの流行する季節です。
以下のことに注意してインフルエンザを予防しましょう。

 積極的にうがいや手洗いを行い、インフルエンザを予防しましょう
 咳やくしゃみによる感染を防ぐため、マスクを着用しましょう
 室内では、適度な湿度(50~60%)を保ちましょう
 バランスのとれた食事と十分な睡眠で基礎体力をつけましょう
 発熱や咳などのインフルエンザ症状が見られたときは、医療機関に事前に電話をして、指示に従ってマスクを着けて早めに受診しましょう
 (付き添いの方もマスクを着けましょう)
 基礎疾患(慢性肺疾患、免疫不全状態、慢性心疾患、糖尿病、腎臓病等)のある方や妊婦は重症化する例もありますので、予防には特に注意してください


■正しいマスクの着用方法 
 インフルエンザ対策として有効と考えられるマスクの着用も、正しく着用しなければ効果が半減します。正しくマスクを着用し、効果的な予防に心がけましょう。(添付ファイルでマスクの着用方法を確認しましょう)

■正しい手洗いの仕方
 外出先から帰ったときなどこまめに手洗いすることは、インフルエンザ予防に効果的です。(添付ファイルで手洗いの仕方を確認しましょう)

■「咳エチケット」について
 インフルエンザの予防には、一人ひとりの心がけが大切です。予防のために「咳エチケット」を身に着けましょう。
 (1)咳、くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れる。
 (2)鼻水、たんなどを含んだティッシュをすぐにフタ付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える。
 (3)咳をしている人にマスクの着用を促す。

ダウンロード