駅北復興まちづくりシンポジウム2017開催します New!

更新日:2017年11月13日

  市では、昨年12月22日に発生した糸魚川市駅北大火から1年を経過する日に、大火の記憶をたどり、市民や各種団体の機運の醸成を図り、復興まちづくりを推進するため、糸魚川市駅北復興まちづくりシンポジウム2017を開催します。 あの日のできごとを乗り越え、復興まちづくり実現に向けた歩みを進めていくために、私たちができることとまちの将来を見つめてみませんか。  img_photo
○日時 2017年12月22日(金曜日)
○会場 糸魚川市民会館(糸魚川市一の宮1-2-1)
○対象 どなたでも
○日程 12時00分 開場
【第1部13時15分~13時35分】
 13時15分 開会セレモニー
 13時35分 市長表彰(駅北大火支援者)
 14時00分 大火の記憶 (「駅北大火から私の1年」をテーマに、大火を経験した方からお話をお聞きします。火災当日の動きから現在までの1年とこれからについてもお話しいただきます。)
  ―休憩―
【第2 部  15時10分 ~16時30分】
 15時10分 
  演題 「 えちごトキめきリゾート雪月花から、まちと地域へ」
  講師 川西 康之さん (えちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花」のデザイナーとして、糸魚川との関わりも深い川西康之さんから、これからの復興まちづくりに不可欠な住民や地域が主役のまちづくりについてお話しいただきます。 )
 16時20分 閉会セレモニー
 16時30分 閉会

○展示イベント
 シンポジウムの開催に合わせて、展示イベントを実施いたします。
 ・子どもたちの作品展示 「わたしの考える防災や復興に向けたまちづくり」をテーマに、これからのまちづくりを担う市内の小学生から募集した作品(標語・作文・絵画)を展示します。
 ・本町通り街なみ記録展 歴史ある本町通りの懐かしいまちなみの写真を展示します。一枚一枚の写真にあなたの想い出を重ねてみませんか。
 ・防火防災啓発コーナー わかっていてもなかなかできない日頃の「火の用心」の心構えや地震への備えについて、この機会にもう一度、見直してみませんか。
 ・復興キャラバン活動記録展 市外のイベントなどで元気な糸魚川の姿を発信している復興キャラバン隊の活動の様子を紹介します。
 ・駅北復興まちづくり計画の概要展示 計画策定までの足どりや目指すまちの姿などを展示します。

○講師

 mg_photo_kawa

 img_photo_itou

講師
川西 康之(かわにし やすゆき)さん
株式会社イチバンセン代表
えちごトキめき鉄道リゾート「雪月花」デザイナー。    
大火の記憶コーディネーター
伊藤 聡子(いとう さとこ)さん
糸魚川市出身。糸魚川ジオパーク大使 、フリーキャスター

○ダウンロード
 駅北復興まちづくりシンポジウム2017 チラシ.pdf (1247KB)