衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査のおしらせ New!

更新日:2017年10月17日
平成29年10月22日(日曜日)執行の衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査についてお知らせします。  

投票できる方

糸魚川市で投票できるのは、次のどちらにもあてはまる方です。
■日本国民で、平成29年10月22日現在、満18歳以上の方(平成11年10月23日以前に生まれた方)
■平成29年10月9日現在で、糸魚川市の住民基本台帳に、引続き3か月以上登録されている方(平成29年7月9日以前に転入の届出をした方)

投票所入場券

入場券は、10月10日(火曜日)に発送します。
世帯主宛にお送りします。その中にご家族の分も印刷されています。投票の際は、ご自分の分をハサミで切りはなして、投票所へお持ちください。
入場券が届いていない場合や、疑問のある場合は、お早めにご連絡ください。
※入場券には、投票日当日の「投票所・投票時間」が記載してありますので、よくお確かめください。
※9月29日以降に市内転居の届出をした場合は、旧住所地に入場券を送付します(投票所は、旧住所地の投票所になります)。

投票の順序

投票は3種類あり、次の順序で行います。
1 小選挙区選出議員選挙
「候補者名」を記入してください。
2 比例代表選出議員選挙
「政党名」を記入してください。
3 最高裁判所裁判官国民審査
やめさせたいと思う裁判官の氏名の上の欄に「×」を記入してください。

投票時間と投票場所

投票時間と投票場所
投票区・投票所のサイトをご確認ください。

投票場所の変更
次の投票区の投票所が前回の選挙から変更となりますので、お間違えのないようにお願いします。
第9投票区 大和川小学校屋内運動場→大和川地区公民館
第13投票区 ビーチホールまがたまスタジオ→ビーチホールまがたま2階研修室
第15投票区 ヒスイ王国館2階明星→ヒスイ王国館2階万葉

代理投票制度

身体が不自由で字が書けない方は、投票所の係員が本人に代わって、本人の指示どおりに投票用紙に記入します。投票所の係員にお申し出ください。

【注意事項】ご家族でも代理で記載することはできません。

期日前投票

投票日に、仕事や用事で投票所に行けない方は、期日前投票ができます。
期日前投票は、投票日前に、投票日の投票と同様に投票用紙を直接投票箱に入れる制度です。
入場券を持参し、下記のいずれかの場所で投票してください。
入場券が届いていない場合は、ご本人かを確認できれば投票できます。
※運転免許証など、本人確認できるものをご持参ください。

投票期間 10月11日(水曜日)から10月21日(土曜日)まで
投票時間 午前8時30分から午後8時まで
投票場所 糸魚川市役所1階市民ホール能生生涯学習センター2階第1会議室青海事務所2階大会議室

※最高裁判所裁判官国民審査法の改正により、今回の国民審査から期日前投票の投票開始日が、衆議院議員総選挙と同一になりました。

郵便等による不在者投票

身体に重度の障害等のある方で、次の表に該当する方は、郵便による不在者投票ができます。
希望される方は、あらかじめ選挙管理委員会が交付する「郵便等投票証明書」が必要となりますので、10月18日(水曜日)までに手続きをお願いします。
【注意事項】すでに郵便等投票証明書の交付を受けている方も、有効期限をお確かめください。

手帳等の種類 障害の種類
障害の程度
介護保険被保険者証
要介護5
身体障害者手帳

両下肢・体幹・移動機能の障害
1級または2級
心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害 1級または3級
免疫・肝臓の障害
1級から3級
戦傷病者手帳

両下肢・体幹の障害
特別項症から第2項症
心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障害
特別項症から第3項症

ダウンロード
 郵便等投票証明書交付申請書(43KB)

他市町村での不在者投票

長期出張や旅行等のため、当市で投票できない方は、申請により滞在先の選挙管理委員会で投票することができます。当市選挙管理委員会から郵送で投票用紙を送るため時間がかかりますので、申請の手続きはお早めにお願いします。
なお、投票できる時間は、滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせください。

詳しくは、不在者投票のサイトをご確認ください。

ダウンロード
 不在者投票請求書兼宣誓書(62KB)

開票

開票は、10月22日(日曜日)午後9時から、糸魚川小学校講堂で行います。

リンク集


衆議院議員総選挙候補者・名簿届出政党等情報及び最高裁判所裁判官国民審査対象裁判官情報(新潟県選挙管理委員会サイト)

衆議院議員総選挙 総務省特設サイト