~H29年度 職員採用関係情報 ここをクリック~ 

消防職員の業務をご紹介します

 糸魚川市消防署には、災害と戦う ○消火隊 ○救急隊 ○救助隊があります。また、消防組織を支える様々な係があり、糸魚川の安心安全を守っています。職員は入庁してから退職するまでに、これらの業務をひと通り経験していきます。様々な業務につくことにより、ひとりひとりの職員があらゆる事案に対応できるようになれるのが、糸魚川市消防職員の特色です。




 火災が発生した際は、ほぼすべての職員が勤務体制に準じて消火隊として火災に立ち向かいます。木造住宅や、車両火災、高層建物などあらゆる火災に対応するため、様々な想定を考えながら日々訓練を行い、早期鎮圧を目指します。


 


 消防本部・能生分署・青海分署・早川分遣所にはそれぞれ救急隊・救急救命士が配置されており、傷病者に適切な処置を施しながら、病院まで搬送します。救急事案は最も出動件数が多いため、知識だけでなく体力も必要となります。

 


 救助隊は、火災・交通事故・山岳・水難・特殊災害など、多種多様な現場に臨機応変に対応し、様々な資機材を駆使しながら要救助者を救出します。また、救助技術を競う大会にも出場しており、全国優勝を目標にかかげ、訓練に励んでいます。

 


 119番通報をすると、消防本部の通信指令室につながります。通信係は、気が動転している通報者から、親切・正確・迅速に通報内容や現場住所を聞き出し、出動部隊を選定し、出動指令を出します。災害現場や傷病者のもとへ、いち早く駆けつけるための連携は通信係から始まるので、大変重要な係です。

 


 火災は起こらないのが一番です。予防業務では、市民へ防火PRを行い、火災の予防を促したり、建築物や危険物施設へ立ち入り検査を行い、火災の予防だけでなく拡大を防ぐための設備を確認し検査したりしています。

 


 消防職員や消防団員の業務が円滑に行われるよう、給与や被服にかかわる事や、業務スケジュール、財産・施設管理などの事務を行っています。また、広報誌やホームページなども担当しており、イベント情報や防災につながる情報を発信しています。