令和元年度12月1日より、 道路交通法が改正されます。

主な改正は、「ながら運転」の厳罰化です。

 

「ながら運転」とは。

 ・携帯電話の画面の注視や手に持っての通話

 ・カーナビ・カーテレビの画面の注視  など

 

【ながら運転をした場合】 

             改正前                         改正後              

 罰則

        5万円以下の罰金        

    6月以下の懲役 または     

10万円以下の罰金

 違反点

1点 3点

 反則金

(普通車)

6,000円  18,000円

 

【ながら運転により、交通の危険(事故等)が生じた場合】

改正前                改正後                             

罰則

   3月以下の懲役 または        

5万円以下の罰金

    1年以下の懲役 または       

30万円以下の罰金

違反点

2点 6点

反則金

(普通車)

9,000円

反則金の対象から除外

即、罰則が適用される

違反点6点は、免許停止処分に該当します。

これまで以上に交通安全を心がけましょう。

 

《その他の改正》
 ・運転経歴証明書の交付要件等の見直し  ・大型自動二輪車の区分等の変更

 ・運転免許証の再交付対象の拡大     ・自動車の自動運転に係わる規定の整備  など

詳しくは下記の資料をご覧ください。(警察庁HPより)

 道路交通法の一部を改正する法律要綱.pdf  道路交通法改正の概要.pdf