更新日:2018年5月14日
場所
〒941-0056
新潟県糸魚川市大字 一ノ宮1313(美山公園内)
電話:025-553-1880

入館料

・一般(大人) 500円
・高校生以下  無料

開館時間

9時00分~16時30分
※17時00分に閉館するまでご見学いただけます。

石の鑑定

毎週 火・木・土・日・祝日
10時00分~12時00分 13時~16時30分
※鑑定日でも、学芸員不在のため対応できない場合があります。あらかじめ、フォッサマグナミュージアムまでお問い合わせください。
※春休み・夏休み等は毎日鑑定します。詳しくは、石の鑑定サービスのページをご確認ください。


休館日

12月~翌年2月の月曜日・祝日の翌日(3月から11月までは毎日開館)
12月28日~1月4日(ただし、3日は特別開館)
※詳しくは、休館日のページをご覧ください。

更新日:2018年6月4日
FMM_Banner

【地学ニュース】世界最古の生命が発見される?

更新日:2017年3月6日
地球の海底にある熱水噴出口は、地球上で初めて生命が誕生した場所の候補として注目されています。今回、イギリスロンドン大学のドミニク・パピーノ博士らの研究グループが、カナダのケベック州の約40億年前の熱水噴出口でできたと思われる岩石から、生命の痕跡(化石)を発見しました。

発見された生命の痕跡は、管状の赤鉄鉱ができており、これまで最古といわれていた37億年前の微生物の化石の年代よりも古いことなります。

昨年12月に記者発表された、新潟県内で最古の化石(糸魚川市内で発見された放散虫化石)は古生代シルル紀の化石であり、約4億2000万年前でした。地球上に40億年前から生命がいたとすれば、新潟県でもより古い化石が発見される日が来るかもしれません。

発見された化石の写真(ネイチャー掲載写真)
科学誌「ネイチャー」の論文に掲載された約40億年前の生命の痕跡の写真

・引用先
掲載雑誌:科学誌「ネイチャー」543,7643
http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/83666