県では飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用を補助しています

更新日:2017年9月25日
 新潟県では、飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、猫の殺処分削減を推進するため、猫の不妊去勢手術に要した経費の一部を補助しています。

■補助の概要 

<補助対象者>
 県内に生息する飼い主のいない猫を保護し、県が指定する協力動物病院で不妊去勢手術を受けさせ、手術費用を支払った県内在住の個人または団体

<補助金額>
  1頭あたり オス:5,000円  メス:10,000円  
  ※手術費用が上記金額に満たない場合は実費とします。

<受付期間>
  平成29年4月1日~平成30年3月31日
  ※補助金額が200万円に達した場合は、期間内であっても補助を終了します。


 詳細は新潟県のホームページをご覧ください

 協力動物病院一覧(PDF形式  74 キロバイト)