平成25年1月以降の退職所得に係る個人住民税(市民税県民税)の改正について

 地方税法等の改正により、退職所得に係る個人住民税(市民税県民税)所得割額の10%税額控除(下の式の×0.9の部分)が、平成25年1月1日以降に支払われる退職所得に係る分から廃止されます。
 この退職所得に係る税額控除は、他の所得に係る個人住民税(市民税県民税)所得割額と分離して、別途計算することとなっています。(100円未満の税額は切り捨て)

<平成24年12月31日までに支払われる退職所得>
 個人市民税所得割額:(退職金収入額-退職所得控除額)×2分の1×6%×0.9
 個人県民税所得割額:(退職金収入額-退職所得控除額)×2分の1×4%×0.9
                   ↓↓↓↓

<平成25年1月1日以降に支払われる退職所得>
 個人市民税所得割額:(退職金収入額-退職所得控除額)×2分の1×6%
 個人県民税所得割額:(退職金収入額-退職所得控除額)×2分の1×4%