能生生涯学習センターで餅つきと繭玉づくり

餅つきと繭玉に挑戦

いい形の繭玉出来ました

12月27日(木)、能生生涯学習センター1階ロビーで餅つき大会が行われました。餅つき講師は能生地区の区長さんたち(能生地区区長連合会)です。

冬休み中の小学生や園児も順番に餅つきにチャレンジ。ついた餅はきなこやあんこをまぶして集まった人々にふるまわれました。
お腹が満足した後は、来年も良い年になるよう願いを込めてみんなでまゆ玉を作り、ロビーに飾りました。


室川まことクリスマスコンサート

玉翠園ホールでコンサート

贅沢な雰囲気のライブ

12月22日(土)、23日(祝・日)の両日、玉翠園ホールで開催されました。
同じ敷地内にある谷村美術館は、両日ともに夕方からライトアップされ、幻想的な雰囲気のなかでのコンサートとなりました。

室川さんは糸魚川市出身のプロのボーカリストで、東京都内でのライブも精力的にこなす実力派。その素晴らしい歌声で訪れた皆さんを魅了していました。


糸魚川市所蔵美術品展パート2

三波春夫の作品

市のお宝 約40点を展示

市関係施設が所有する優れた美術品や歴史資料を公開する「糸魚川市所蔵美術品展」を糸魚川歴史民俗資料館で開催しています。
会期は2月11日(月・祝)まで。入館料は一般 200円、小中高生 50円です。

【主な展示品】
小倉遊亀、矢部友衛、向井潤吉、鏑木清方、安田靫彦、狩野探幽、ベルナール・ビュフェ、北村正信、月形那比古、大月清五郎、今泉今右衛門、榊原康政、中林梧竹、尾崎行雄、三波春夫

写真は三波春夫の扁額「歌うとき そこに私は 神を観る」。


けんこうまつりin青海

けんこうまつりin青海

健康を見つめなおす一日

「食べて!知って!動いて!からだにイイこと てんこもり」と銘打ち、青海生涯学習センターで開催。午前中限定のイベントでしたが、350人もの方に参加していただきました。

参加者は、血管年齢測定、脳年齢測定、体組成測定、骨密度測定を行う健康チェックコーナーで、実年齢との比較に一喜一憂、また健康づくりセンターはぴねすプログラム「リズム体操」「シバム」では楽しみながら体を動かしている姿が見られました。

海藻や野菜を使った料理試食コーナーも、改めて食生活を見つめなおすきっかけとなったようでした。


糸魚川ジオパーク学習交流会2012

糸魚川ジオパーク学習交流会2012

ジオパークって素晴らしい

世界ジオパークの地「糸魚川」について学んだことを発表し語り合い、学校や世代を超えて交流することで、ふるさとへの愛着を深めるきっかけとすることを目的に開催しました。

市内14の小・中学校・高等学校の児童、生徒が、総合学習や授業等で学んだことを発表。会場の市民会館では、熱心に他校の発表を聞く姿が見られ、最後の質問の時間にも多くの手が挙がっていました。


糸魚川ブラック焼きそば 国際ご当地GGP報告会

糸魚川ブラック焼きそば 国際ご当地GGP報告会

驚愕のブラック力

先ごろ、10月6日・7日に南魚沼牧之通りで行われた国際ご当地グルメグランプリでは、糸魚川ブラック焼きそばが第3位、また、開発部門でグランプリを受賞しました。

11月13日(火)、ヒスイ王国館でこの報告会が行われ、あわせて、「イカげさまで2周年キャンペーン」サービス強化月間の10月分の抽選会も行われました。
応募総数は1か月で約1,000通。その人気の高さがうかがわれました。

キャンペーンは提供店で12月末まで行われています。この機会に、ぜひ、糸魚川ブラック焼きそばをご賞味ください。


ヒスイレディ冬服お披露目

ヒスイレディ冬服お披露目

8年ぶりの冬服はピンク

11月8日(木)、糸魚川市役所で、キャンペーンレディ「ヒスイレディ」の新しい制服がお披露目されました。

この日出席したヒスイレディ、本間杏美さん、伊藤真紀さん、丸山 舞さん(写真左から)の3人は任期2年目。これを機に、「最後まで頑張りたい」「少しでも多くの方に糸魚川を知ってもらいたい」など改めて今後の取組について決意表明をしていただきました。

ヒスイレディは、今後も冬の誘客キャンペーンなどで糸魚川の魅力を発信します!


霜降銀座商店街ふるさとイベント

霜降銀座商店街ふるさとイベント

あんこうを初めて実物で見る

11月4日(日)、同商店街と「まがたまの会」(糸魚川市民・押上寺町商工連盟有志)の共催により開催。糸魚川の米・地酒・海産物・銘菓・野菜ほか各種特産物の販売が東京都北区で行われました。

また、あんこうの吊るし切り実演、あんこう汁の販売も行われ、訪れた方は、あんこうの姿、そのさばき方、あんこう汁の美味しさに驚いていました。


環境フェア&ジオまる ぬーなとおもしろサイエンス

環境フェア&ジオまる ぬーなとおもしろサイエンス

環境と科学を考える契機に

11月3日(土・祝)、ビーチホールまがたまで開催。子どもを中心に大勢の方が会場の訪れ、様々な体験ブースで環境や科学を身近に感じている様子でした。


第17回 田海川サケ祭り

第17回 田海川サケ祭り

でっかくて、重い!

10月27日(土)、青海地域の田海川で、同実行委員会により開催。毎年恒例、人気のイベントで、市内はもとより県外からのお客さんが訪れ、秋の一日を楽しんでいました。

恒例のサケのつかみ取りは子供達に大人気。すばしこく、つかみにくいサケを一所懸命追いかけ、捕らえたときには笑顔がこぼれていました。