フォッサマグナミュージアム 入館者100万人達成

フォッサマグナミュージアム 入館者100万人達成

100万人の入館者達成

同館は平成6(1994)年4月25日の開館から19年目を迎える年となりますが、このたび平成24年3月24日(土)に入館者100万人を達成しました。

100万人目は、長岡市在住の村井 淳さん。この日は焼山山麓ヘリスキーツアーに参加する予定でご家族と一緒に糸魚川入りしたのですが、あいにくの天候で中止となり、せっかくだからと訪れたところでの達成でした。さらにこの日は誕生日。重なった偶然に驚きの声が上がりました。

同館は今後も糸魚川世界ジオパークの中核施設として、充実に努めていきます。


第6回 文化協会フェスティバル

第6回 文化協会フェスティバル

2年分の思いが溢れる

3月24日(土)・25日(日)、きらら青海・青海生涯学習センターを会場に開催。20団体による出展、9団体による体験教室が催され、24日にはきららホールで27団体による舞台発表も行われました。

昨年は東日本大震災で中止となった経過があり、2年分の情熱とエネルギーが溢れ出るイベントとなりました。


伊藤聡子さん講演会

伊藤聡子さん講演会

女性が輝く社会を

3月20日(火・祝)、当市出身のフリーキャスターで、糸魚川ジオパーク大使の伊藤聡子さんをお迎えし、男女共同参画推進セミナー「女性の活躍が日本を救う!」と題した講演会を開催しました。

会場のヒスイ王国館には多くの聴講者が訪れ、講師のさまざまな取材での経験談をまじえた貴重なお話を熱心に聞いてました。


青年海外協力隊活動報告

青年海外協力隊活動報告

試行錯誤の活動を報告

JICA(国際協力機構)の青年海外協力隊の一員としてネパールに派遣されていた谷口大史さん(舞鶴市 出発時は市内在住)が2年の活動を終えて帰国。このたび、市役所を会場に活動報告会が行われました。

ネパールでは生活に必要な樹木を循環的に育てており、谷口さんは植林活動や民家のかまど作り等に携わったということです。また、文化や生活習慣などについてもお話しをいただきました。

写真右手前が谷口さん。シンギングボール(法具・楽器)を鳴らしています。


早春の山野草と雪割草展

早春の山野草と雪割草展

新種「南相馬」も展示

3月17日(土)・18日(日)、ヒスイ王国館を会場に開催されました。出展者によって丹念に育てられた、それぞれに個性をもつ山野草と雪割草がずらりと並び、来訪者は1つ1つをじっくりと鑑賞していました。

また、南相馬市から当市への東日本大震災避難者との交流の中で名付けられた品種「南相馬」も展示され、注目を集めていました。


新町翁舞式 奉能

新町翁舞式 奉能

大震災復興を祈願して

3月18日(日)、藤のさとセンター(下早川地区公民館)で、東日本大震災復興祈願と装束等の新調披露をかね、糸魚川市指定文化財「新町翁舞式」が奉能されました。

同舞は下早川地区新町に代々伝わるもので、装束は文化庁の「ふるさと文化再興事業」により新調されたものです。この日、会場には200人を超える方が訪れ、熱心に観覧していました。


佐藤栄一さん国体準優勝

佐藤栄一さん国体準優勝

国体スキーで5年連続好成績

2月14日~17日に行われた「ぎふ清流国体・第67回国民体育大会冬季大会スキー競技会」に出場した佐藤栄一さん(根知在住)が、ジャイアントスラローム成年男子Bで準優勝の好成績を収めました。

佐藤さんは3月13日に市役所を表敬訪問。国体で5年連続準優勝以内という快挙を関係者一同で喜びました。
写真は左から佐藤さん、本間副市長、熊倉体育協会長


防災リーダー研修会・自主防災シンポジウム

3.11から1年で黙とう

3.11を教訓に

3月11日(日)、市防災センターで平成23年度糸魚川市防災リーダー研修会・自主防災シンポジウムを開催。各地区の自治会長や区長等が多数出席し、日頃からの災害への備えについて再確認しました。

また、東日本大震災発生から1年ということで、地震発生の14時46分には、防災行政無線のサイレンにあわせて1分間の黙とうも行いました。


神楽交流会

神楽交流会

舞い方を熱心に研究

2月26日(日)、西海文化会館(西海地区公民館)で、日光寺岩戸舞保存会、木浦舞楽保存奉賛会、水保神楽保存会の3団体により開催されました。

水保神楽保存会は、獅子の舞、鈴の舞、鏡の舞。日光寺岩戸舞保存会、三番叟、戸隠。木浦舞楽保存奉賛会は、太平楽、鏡の舞がそれぞれ演目として選ばれました。

会場では、お互いの団体の舞い方を熱心に研究する姿が見られました。


根知谷にきらめくキャンドルロード2012

根知谷にきらめくキャンドルロード2012

暖かなキャンドルの光

豪雪のため予定から2週間延期して、2月26日(日)の開催となりました。今年のテーマは「今」。当日も雪が降る天候でしたが、会場の根知のシーサイドバレースキー場駐車場周辺は多くの人で賑わいました。

会場には雪で作った神社、ピラミッドなどが並び、暖かなキャンドルの光が全体を包み込みました。また、根知キャン・ベルリングガールズによるハンドベルの演奏会もあり、来場者はやさしい音色に癒やされた様子でした。