中学生広島派遣事業報告会

報告する生徒

日常こそ平和

8月27日(火)、市役所で中学生広島派遣事業報告会が行われました。
報告会には参加した生徒10人のうち9人が参加、それぞれが広島で見聞きして感じた事を素直な言葉で話してくれました。

参加した生徒さんは、時折涙を浮かべながら「自分が体験してきたことを一人でも多くの人に伝えていきたい」、「当たり前のようにあるいつもの生活に感謝できるようになった」など胸に刻んだ想いを話していました。


天険親不知を歩こう

レンガトンネル

白昼のミステリー

8月24日(土)、親不知コミュニティロード周辺の見どころを巡る「天険親不知を歩こう」が行われました。

今回の見どころのひとつである旧北陸本線親不知トンネルは、大正元年から昭和40年まで使用されていたもので、現存が少ない煉瓦(れんが)製のトンネルです。

この日は、夏休みの親子連れなどが懐中電灯を片手にヒンヤリとしたトンネル内部への「ミステリーツアー」を楽しんでいました。


夏休み伝統文化親子体験教室

投扇興

的をめがけて それっ!

8月20日(火)・21日(水)の両日、日本の伝統文化を親子で体験する教室が開催されました。

市と関係者で構成する「糸魚川市伝統文化活用実行委員会」が国の補助事業を活用して行ったもので、教室では、礼法・茶道・投扇興・華道が行われました。

投扇興は、「枕」(台)の上にある「蝶」(的)に向かって扇を投げ、命中した後の扇・蝶・枕の配置によって決められている点数を競う遊びで、うまく飛ばない扇に苦労しながらも伝統文化の風情を楽しんでいました。


糸魚川世界ジオパークでまなそぼ~よ!2013

石の標本づくり

夏休みの宿題はこれで解決

8月17日(土)、道の駅「親不知ピアパーク」において、石の標本づくりやまが玉づくり体験など、糸魚川ジオパークを学びながら遊ぶイベント「まなそぼ~よ2013」が行われました。

石の標本づくりは、海岸で採集したいろいろな石を、「石のことがわかる本」のリーフレットを参考に、石の名前を調べて標本ケースに整理するものです。

夏休みの自由研究に活用できるとあって、今年も大勢の子どもたちが「まなそぼ~よ」してくれました。


チームエコワーク

海岸清掃

きれいになって 楽しい!

8月17日(土)、道の駅「親不知ピアパーク」周辺で、TeamECO「エコワーク」が行われました。

糸魚川ジオパークが、県内民放局のTeamECO活動に協賛しているもので、この日は、会場周辺のごみ拾い活動が行われました。

大人の捨てたタバコの吸いがらが多く見られましたが、参加した子どもたちが熱心に拾い集めてくれました。


高畑青少年相撲大会

少年相撲大会

はっけよい!

8月15日(木)、高畑青少年相撲大会が開催されました。
大会は、幼児の部から還暦相撲まで行われ、小学5・6年生の部ともなると、
立ち合いで頭が「ゴツン!」とぶつかり合う場面も。

桟敷からは、「ホラ、やれ!」「ソレ、押せ!」の大声援と拍手が送られていました。


第62回能生ふるさと海上花火大会

海上花火大会

日本海の・・・

8月10日(土)、能生地域において奴奈川まつり夏の陣/能生ふるさと海上花火大会が行われました。

市内で行われる大花火大会のフィナーレを飾るもので、弁天岩を砕くかと思わせる水中爆雷など、ここならではの趣向を求めて大勢の観客が訪れました。

先週まで姫川港に寄港していた帆船・日本丸が「太平洋の白鳥」なら、こちらはさながら「日本海の孔雀」です。


小学生の壁新聞を展示

壁新聞展示

みんなが編集長

市役所1階市民ホールで壁新聞コンテストの作品が展示されています。
コンテストには、上越地域3市の小学校39校が参加。

各学校で「読解力」「文章力」「思考力」向上のため『新聞』を使った
学習に取り組んで制作したものです。

8月9日(金)まで、優秀作品のほか市内7校の力作が展示されていますので、
来庁の際、ぜひご覧ください。


北アルプス日本海広域観光連携会議設立総会

連携会議設立

3市1町2村の心を一つに

8月5日(月)、ヒスイ王国館において北アルプス日本海広域観光連携会議設立総会が開催されました。

会議は、糸魚川市の呼びかけにより、上越市、長野県大町市・白馬村・小谷村、富山県朝日町と各自治体の観光団体、商工団体、交通事業者、新潟県・長野県が参加して設立したものです。

広域周遊ツアーの開発や新幹線糸魚川駅の利便性向上などを通じて、海抜ゼロメートルから標高3,000メートルまでのダイナミックな魅力を全国に向けて発信します。


第37回 『白馬・小蓮華縦走登山』

縦走登山

日本一のお花畑を いつまでも

8/3(土)~4(日)、実行委員会による縦走登山が開催されました。

毎年、夏山シーズンに合わせ、登山道のごみ拾いを行っているもので、
今年も、ザックから落ちたペットボトルやタオル等の落し物が多数ありました。

清掃活動のご褒美として、日本一のお花畑とご来光が参加者を待っていました。