更新日:2017年8月16日

地域おこし協力隊とは

 都会から糸魚川市へ移住し、住民の皆さんと共に地域に潜在する地域力の維持・活性の強化をはかりながら、任期終了後の定住に向けた活動をする市の非常勤職員です。
 ※総務省の外部人材活用制度の一つである「地域おこし協力隊」制度を活用した取組みです。糸魚川市では、平成27年度から開始しました。

◆外部リンク
 総務省ホームページ

私たちが「地域おこし協力隊」です

地域おこし協力隊として、採用時に与えられた業務の達成に向けて日々活動しています。

協力隊

 配置日

担当地区

ミッション内容

布川隊員

 平成27年4月1日

小滝

地域振興業務
・移住体験ツアーの企画、運営
・木育の普及活動
・ヨソモノ目線で地域資源の発掘

有山隊員

 平成28年10月1日

上早川

地域振興業務
・農産物直売所の販売強化
・農産物の調理、加工による売上げ向上
・郷土料理の調査、保存、伝承

 長谷隊員

 平成29年4月1日

 全域

 移住、定住促進業務
・交流イベントの企画、運営
・移住相談
・移住情報発信

これまでの主な活動成果


■高浪の池の看板ペンキ塗り【布川隊員】



■移住相談会【荒井隊員】


高浪の池フェイスブック


活動日誌


地域おこし協力隊の日々の活動を掲載しています。
下記リンクからご覧ください。

◆内部リンク
協力隊活動日誌「H27春・夏号」
協力隊活動日誌「H27秋・冬号」

◆内部リンク
糸魚川市集落支援員紹介ページ