糸魚川市では、地域再生法に基づき、「地域再生計画」を定め、地域における交通の円滑化・産業振興のための道路整備や、生活環境の整備として汚水処理施設の整備を行ってきました。

 「翠の交流都市づくり計画(H17~H21)」では、中山間地域の流通経路の確保、老人福祉施設へのアクセス時間短縮や安全性確保のほか、地域固有の自然・文化資源を結びつけた観光ルートの確立や各谷間を結ぶ縦貫道の整備により、産地連携・地域間交流の活性化を図るための市道・林道・広域農道の整備を行いました。

 「翠の交流都市づくり・安全安心交通ネットワーク計画(H22~H26)」では、中山間地域の流通経路の確保と通学路の安全性向上を図るとともに、災害時の迂回路を確保するための市道・林道・広域農道の整備を行いました。

 平成27年度からは、効率的な森林整備の促進・地場産材の利用拡大のための林道整備、地域住民が安全で安心して利用できる市道整備が必要であることから、「翠のふるさとづくり・地域資源活性化計画(H27~H31)」を定めて、地域資源の活性化による活力あるまちづくりを進めて参ります。

 また、「翡翠の水再生計画(H17~H22)」では、河川の水質保全による水辺の再生や清流の復活、農村地域の環境改善による農業の活性化のため、公共下水道の整備や浄化槽の設置を進めてきました。

地域再生計画(道整備交付金、汚水処理施設整備交付金)

  「翠の交流都市づくり計画(H17~H21)」(PDF:4,638KB)【終了】
  「翡翠の水再生計画(H17~H22)」(PDF:2,370KB)【終了】
  「翠の交流都市づくり・安全安心交通ネットワーク計画(H22~H26)」(PDF:1,779KB)【終了】
  「翠のふるさとづくり・地域資源活性化事業(H27~H31)」(PDF:784KB)

地域再生計画の事後評価

 地域再生計画では、計画期間終了後に目標の達成状況を調査し、公表することとしています。
 事業が完了した以下の計画の事後評価結果を公表します。

  「翠の交流都市づくり計画」事後評価(PDF:25KB)
  「翡翠の水再生計画」事後評価(PDF:14KB)
  「翠の交流都市づくり・安全安心交通ネットワーク計画」事後評価(PDF:18KB)