◆ごみ処理施設の紹介
 家庭から出る燃やせるごみは、清掃センターごみ処理施設で処理しています。
 多くのごみ処理施設は、ごみを焼却しますが、糸魚川市の場合は、燃やさずに蒸し焼きにして炭化物をつくる「炭化システム」を採用しています。
 ごみからつくられた炭化物は、地元のセメント工場でセメントの原燃料としてリサイクルされています。
 また、廃熱からつくられた温水は、隣の健康づくりセンターのお風呂で利用されています。
施設外観ピット内部炭化物

○施設概要

特長

 ・炭化物を有効に利用できる。
 ・ごみを燃やさないので排ガスがきれい。
 ・ごみを燃やさないので灰など埋立処分するものが少ない。

形式

 全連続ロータリーキルン式炭化炉

処理能力

 70トン/日 (35トン/2系列)

供用開始

 平成14年4月

【ごみ処理フロー】
ごみ処理フロー

○ごみ処理実績

年度

平成25

平成26

平成27

ごみ処理量

12,577トン

12,256トン

12,068トン

炭化物搬出量

2,821トン

2,771トン

2,725トン

ばいじん等搬出量

273トン

286トン

262トン

施設稼働日数

232日

234日

224日


○施設の維持管理状況
 廃棄物処理法に基づき、ごみ処理施設の維持管理状況を公表しています。
 炭化炉温度等の連続測定記録は、清掃センターに運転日報等を備え付けてあります。閲覧を希望される方は、清掃センターまでお問い合わせください。
 毎月のごみ処理量は、「一般廃棄物(ごみ)処理状況」の可燃ごみ欄をご覧ください。
 排ガス等の検査結果は、「清掃センターの環境測定検査結果」をご覧ください。

○施設見学について
 清掃センターでは、皆さんの家庭から出されたごみが、どのように処理されるのか知っていただくために、施設見学を随時受け入れております。希望される場合は、清掃センターへ申込みください。
◆清掃センターへの家庭ごみの持込みについて
 引越しや大掃除などで大量にごみが出る場合は、自ら清掃センターへ持込みして処理することができます。
 持込みできるごみは、燃やせるごみと燃やせないごみ(埋立ごみ)です。資源ごみは持込みできませんので、資源ごみの収集日に集積場所へ出してください。
 燃やせるごみで、布団、じゅうたん、木くずなどの長さ30cmを超えるものは、集積場所へ出せないので清掃センターへ持込んでください。
 燃やせるごみで、金属などの燃えない部分が付いているものは、取り外して持込んでください。
 木くずなどの長尺物は、長さ180cm以内、太さ20cm以内の大きさにして持込んでください。(竹は長さ120cm以内)

○清掃センターの所在地
糸魚川市大字須沢2051番地2 (地図情報サービス)
○ごみの搬入手順
1.受付窓口は、ごみ処理施設の2階です。車を窓口手前の停車位置に停めて、窓口までお越しください。1回目の重量を量ります。
2.係員の指示に従って車を移動後、ごみを下してください。係員がごみを点検します。
3.再び受付窓口手前の停車位置に車を停めて、窓口までお越しください。2回目の重量を量ります。1回目と2回目の差し引き重量が、ごみの重量になります。30Kgを超える場合は、手数料がかかります。

※清掃センター敷地内の車両速度は、徐行でお願いします。敷地内は収集車が通行しますので、徒歩や自転車での持込みはご遠慮ください。

○ごみの搬入時間
 平日の午前8時30分から午後4時30分まで
 ただし、祝日で燃やせるごみの収集日になっている場合は、燃やせるごみ及び燃やせないごみ(埋立ごみ)が搬入できます。
※1、2月を除く第3日曜日は、家庭から出る燃やせるごみのみ搬入できます。(午前9時00分から正午まで、午後1時から午後3時まで)

○家庭ごみの処理手数料

ごみの重量

手数料の額

30kg以下の場合

1日1回に限り無料 (2回目以降は1,000円)

30kgを超え500kg以下の場合

1,000円

500kgを超える場合

1,000円に500kgを超えた重量100kgにつき300円を加算した額

※破砕設備を使用した場合は、上記手数料の1.5倍の額になります。布団、じゅうたん、木くずなどの長さ30cmを超えるごみは破砕が必要です。

○清掃センターからのお願い
 燃やせるごみに金属などの異物が混入していると除去に時間がかかったり、機械を傷めたりします。大型のものや大量に混入した場合は機械が故障してごみ処理ができなくなることもあります。
 燃やせるごみを集積場所に出すときは、金属などの異物を混ぜないようにお願いします。ごみは中身が見えるように透明または半透明の袋に入れてください。

ごみ処理中に機械に詰まって取り除いた異物
異物1
鍋、包丁、工具
異物2
金属の塊
異物3
異物4
ワイヤー
破砕機
ごみを破砕する刃(左)新品(右)破損品

 ごみの持込み処分について、不明な点があれば、清掃センターまでお問い合わせください。
 分別や処分方法については、市が発行する「ごみの分別ガイドブック」がありますので参考にしてください。