簡易水道事業
 平成27年度の簡易水道事業の実績は、次のとおりになります。

1簡易水道の状況(27年度末)
  (1)能生区域
  能生谷簡易水道、大洞簡易水道、高倉簡易水道、中尾新戸簡易水道、徳合仙納簡易水道

  (2)糸魚川区域
  早川簡易水道、西海簡易水道、根小屋・今井簡易水道、東中簡易水道、小滝簡易水道、白馬簡易水道

 (3)青海区域
  歌外波簡易水道、市振簡易水道、上路簡易水道 

2施設の状況

項目

単位

23年度

24年度

25年度

26年度

 27年度

導水管延長

m

21,562

20,736

20,736

21,241

21,241

送水管延長

m

13,012

20,245

20,285

16,059

15,808

配水管延長

m

115,913

125,791

126,191

129,024

129,554

管延長合計

m

150,487

166,772

167,212

166,324

166,603

浄水場数

1

1

1

1

1

配水池設置数

45

44

44

41

41

3業務実績

項目

単位

23年度

24年度

25年度

26年度

27年度

給水人口

6,759

6,638

6,465

6,292

6,109

給水戸数

2,815

2,851

2,814

2,793

2,767

配水能力

m3/日

5,131

5,109

5,447

5,447

6,440

年間総配水量

m3

807,970

850,936

818,069

786,480

756,156

一日平均配水量

m3

2,207

2,331

2,241

2,155

2,066

一日最大配水量

m3

4,002

3,314

3,287

2,981

3,234

年間総有収水量

m3

693,804

734,755

723,105

696,065

675,460

有収率

%

85.9

86.3

88.4

88.5

89.3

 

 有収率は、年間総有収水量÷年間総配水量×100で求められ、数値が高いほど施設効率性が高い。
 施設利用率は、一日平均配水量÷配水能力×100、最大稼働率は、一日最大配水量÷配水能力×100で求められ、施設の利用状況を示しています。

4 経営状況

項目

単位

23年度

24年度

25年度

26年度

27年度

総収支比率

%

155.7

160.8

151.2

155.1

140.1

収益的収支比率

%

80.5

86.1

79.4

86.2

71.9

料金収入に対する
地方債元利償還金の比率

%

111.6

100.2

103.9

95.0

120.1

料金収入に対する
職員給与費の比率

%

22.3

20.6

19.7

19.8

22.0

総収益に対する
他会計繰入金比率

%

26.0

23.6

22.4

20.9

16.8

地債残高

千円

1,216,961

1,194,048

1,310,978

1,672,311

1,694,475

簡易水道事業基金残高

千円

122,709

130,081

136,615

136,643

115,934

 総収支比率は、収益的収支における総収益÷総費用×100、収益的収支比率は、総収益÷(総費用+地方債償還金)×100で求められ、100%以上が健全です。

5 決算
 当市の簡易水道事業は、地方公営企業法を適用していない事業であり、決算額は、地方公営企業決算状況調査の数値です。
(単位:千円)

項目

23年度

24年度

25年度

26年度

27年度 

収益的収支



1 総収益

129,241

136,533

127,641

130,468

127,224

ア 料金収入

93,469

98,439

96,288

96,120

94,196

イ 繰入金

33,586

32,238

28,561

27,320

21,350

ウ その他

2,186

5,856

2,792

7,028

11,678

2 総費用

83,010

84,917

84,403

84,138

90,827

ア 職員給与費

20,824

20,251

18,998

19,083

20,755

イ 支払利息

26,840

24,908

23,817

24,191

26,995

ウ その他

35,346

39,758

41,588

40,864

 43,077

収益的収支差引(総収益-総費用) A

46,231

51,616

43,238

46,330

36,397

資本的収支



 
1 資本的収入

326,926

170,840

350,791

702,864

256,250

ア 地方債

132,700

50,800

193,200

428,500

102,700

イ 他会計補助金

58,542

77,423

94,850

110,823

67,633

ウ 国補助金

76,043

16,498

60,466

161,499

48,150

エ 工事負担金

7,105

219

0

0

0

オ その他

52,536

25,900

2,275

2,042

37,767

2 資本的支出

361,088

204,997

385,308

761,515

282,990

ア 建設改良費

283,600

131,284

309,038

694,348

196,854

イ 地方債償還金

77,488

73,713

76,270

67,167

86,136

資本的収支差引 B

△34,162

△34,157

△34,517

△58,651

△26,740

収支再差引 C=A+B

12,069

17,459

8,721

△12,321

9,657

積立金 D

12,224

8,238

6,534

28

31

前年度繰越金 E

13,357

2,930

12,151

14,338

1,989

形式収支 G=C-D+E  ※参照

13,202

12,151

14,338

1,989

17,215

翌年度へ繰り越すべき財源 F

10,272

9,397

11,622

0

11,624

実質収支 G-F

2,930

2,754

2,716

1,989

5,591

 ※形式収支には、収益的支出に充てた地方債の額を含む