糸魚川農山漁村女性交流協議会

 糸魚川農山漁村女性交流協議会では、体験交流や視察研修、郷土料理の伝承など互いに情報や技術の交換を行いながら、農山漁村の生活をより良くするため様々な活動を行っています。
 趣旨にご賛同いただける女性ならどなたでもご参加いただけます。
 「自家製みそが作りたい」、「昔ながらの郷土料理を知りたい」、「聞き慣れない地場産野菜の調理方法を知りたい」など、食生活のヒントが見つかるかもしれません。
 活動に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

◆まめっこクラブ

 糸魚川農山漁村女性交流協議会には、みそ加工体験グループの「まめっこクラブ」があります。
 「まめっこクラブ」では、地場産大豆や米を活用したみそ加工体験のほか、地場農産物の農産加工体験、消費者交流などを行っています。
まめっこクラブまめっこクラブ
                         
更新日:2016年9月1日

平成28年度の活動

◎みそ加工体験(糸魚川小学校で出前授業)/6月3日
 糸魚川小学校の家庭科室で、5年生とみそ加工体験を行いました。
 普段は、焼山の里ふれあいセンターで行っている体験教室を、はじめて出前授業を行いました。
 大豆をミンチにする作業や大豆と麹と塩をまぜあわせたものを1人ずつこねて丸め、樽の中に空気を抜くため投げ込みました。約1年後には熟成されたみそが味わえます。
糸小みそ体験1糸小みそ2糸小みそ3

◎女性農業者先進地視察/7月25日
 農産物や加工品の販売拡大のため、地域特産品づくりに結び付けた事例を視察研修しました。今回は、隣接の上越市内へ伺いました。

 ☆正善寺工房
 イベント、体験事業を年100回、加工品の販売を行っています。
 梅干し、たくわん作り、みそ加工体験教室の話を聞かせていただきました。

 ☆あるるん畑
 JAえちご上越の直売所です。
 野菜は、おすすめの料理方法を記載したレシピと一緒にきれいに陳列されていました。
 隣接する敷地には、食と農のテーマパーク「あるるんの杜」がオープンし、賑わっていました。
 商品の陳列やポップの作り方など、販売活動の参考にしていきたいです。
 
 ☆株式会社 秋山農場グリーンプロジェクト(アスパラガス栽培ほ場)
 水稲、菌床キノコ、アスパラガス、サツマイモなどの野菜栽培をおこなっています。
 見学させていただいたアスパラガス栽培ほ場は、菌床キノコの廃棄菌床と家畜糞尿を投入し土作りしており、「作物作りは土作り」を改めて確認させられました。

 ☆有限会社 あやめフード
 糸魚川の郷土料理の「笹ずし」もありますが、上越では郷土料理として同じく笹を用いた「押し寿司」があります。
 「押し寿司」の加工施設を訪問し、経緯と現状についてご説明いただきました。
 昔ながらの押し寿司だけでなく、新商品の開発や旬の地場産食材を用いたお弁当の販売にも力を入れ、様々な工夫と努力をされていました。
 
正善寺あるるんアスパラ
【正善寺工房】                 【あるるん畑】                 【株式会社 秋山農場グリーンプロジェクト】


◎地域農林水産物活用研修会・交流会/8月23日
 美山公園入口のレストランアンフィートリヨンのシェフ沼屋氏を講師に、糸魚川地区公民館で「イカのセート風煮込み」と「ヴィシソワーズ」を作りました。
 今回は新鮮なイカと会員が育てた野菜やお米を用いて、家庭でも作れる料理を教えていただきました。

イカ煮込み・ヴィシソワーズ沼屋講師活用研修 

以前の活動

 ◆平成27年後の活動はこちら

みそ・麹加工と野菜料理体験

 協議会のまめっこクラブでは、毎年県内産の大豆とお米で作るみそ加工体験を実施しています。
 体験の合間には、地場産野菜をたっぷり使った昼食で、参加者と交流しています。

○ところ  焼山の里ふれあいセンター(糸魚川市中川原新田)
○内容 みそ・麹加工体験
○準備 エプロン、三角巾
○日時、参加費等については、農業経営支援センターにご相談ください・

 なお、自家産の大豆やお米でみそを作りたい方は、一般体験期間のほか、12月~3月の間で調整しますのでご相談ください。
koujidukuri