下記の「電子入札システム体験版(チュートリアル)」をクリックすると、実際に電子入札システムを操作しているような疑似体験ができます。
 なお、これはあくまで体験用の画面ですので、入力した数値、文言等は、その後の画面に反映されません。
 また、体験版(チュートリアル)を利用するにあたっては、ICカードは必要ありません。

◆関連リンク
 電子入札システム体験版(チュートリアル)