糸魚川市では、個人情報保護条例を制定し、個人情報の収集や利用、個人情報の開示・訂正等、保有する個人情報についての基本的なルールを定めて取り扱っており、市が保有する自己に関する情報についての開示を求めることができます。

■個人情報とは
 氏名、生年月日、住所、年齢等に関する情報で、特定の個人を識別することができる情報です。

■個人情報の取り扱い
・個人情報は利用目的等を明らかにし、必要な範囲内において、原則として本人から収集します。
・収集した個人情報は、原則として利用目的以外に利用したり、外部に提供したりしません。

■開示請求できる人
 どなたでも、市が保有する自己の情報の開示を請求できます。

■開示請求できる内容
 市(実施機関)が保有している個人情報について、本人が開示請求します。
 また、開示を受けた個人情報が事実と異なる場合には、訂正等の請求をすることができます。
 ※開示請求については、「開示請求書」に必要事項を記入して、担当課へ提出してください。
 ※開示請求書提出の際には、本人であることを示す書類が必要です。(運転免許証等)
 ※開示の際に、資料等の写しが必要な場合は、その費用について請求者の負担となります。

■開示できない情報
 自己に関する情報は、原則として開示します。ただし、法令等の規定により開示できないとされている情報や、開示請求者以外の者の情報が含まれている場合等には、開示しないこともあります。

■決定の内容に不服があるとき
 自己に関する個人情報の不開示決定等について、不服があるときは不服申立てをすることができます。申し立てがあった場合は、「糸魚川市情報公開・個人情報保護審査会」において審査を行い、実施機関に対し答申を行ないます。

ダウンロード