自転車は子どもから大人まで手軽に利用できますが、道路交通法上、自動車やバイクと同じ「車両」になります。

道路を通行するときは車両として交通ルールやマナーを守る必要があります。

 

自転車安全利用五則


1 自転車は、車道が原則、歩道は例外


歩道と車道の区別があるところでは、車道を通行するのが原則です。
ただし、例外として、次の場合は歩道を通行することができます。

 (1) 道路標識等で指定された場合

(2) 運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
 (3) 車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合

 【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金


2 車道は左側を通行


自転車の右側通行は禁止されています。車道の左側端を通行しなければなりません。

 【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 


3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行


歩道を通行するときは、車道寄りの部分を徐行し、歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません。
 
【2万円以下の罰金又は科料】

 

4 安全ルールを守る


○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
○夜間はライトを点灯
○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認


5 子どもはヘルメットを着用


自転車死亡事故に占める損傷部位の割合が最も高いのが頭部です。

 

子どもは大人に比べて頭が重く、転倒の際にケガをしやすい傾向にありますので、保護者は、13歳未満の子どもを自転車に乗せるときは、確実に乗車用ヘルメットを着用させましょう。

 

 

TSマークについて

 


TSマーク」は、自転車安全整備店で点検整備(有料)を行い、基準に合格した安全な自転車に貼られるマークです。

 傷害・賠償責任保険(条件付き)が付いていて、万一事故に遭ったり、事故を起こした時に活用できます。(※TSマーク付帯保険適用期間は、点検の日から1年です。)

平成2610月から赤色TSマークの賠償責任保証額(限度額)が2,000万円から5,000万円に改定しました。

 

年に1回点検を受けて、整備された安全で安心な自転車に乗りましょう。