スプレー缶、ガスボンベなどを捨てる場合は、製品を使い切り、風通しのいい屋外で市販のガス抜き器などで穴を開け、ガス(中身)を抜いてから、他の金物と分け別の袋に入れて出してください。
スプレー缶の処理方法
 下の写真は、市販のガス抜き器の一例です。
ガス抜き器1ガス抜き器2ガス抜き器3
 また、「金物類」収集中の車両から、スプレー缶やファンヒーターなどが正しく処理されずに出されたことによる出火事故が過去に発生しています。
 ごみ出しのルールやマナーはきちんと守っていただきますようお願いいたします。

 ファンヒーターや石油ストーブは、灯油を抜き、電池を使っている物は電池も外してから出してください。

 下の写真は、収集車両の火災で燃えた金物類の一部です。
写真写真1
 
 ごみの出し方でわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。