平成20年4月から「後期高齢者医療制度」が始まりました。制度の運営は都道府県単位で、全市町村が加入する広域連合が行います。
 高齢者一人あたりの医療費が増える中、現役世代と高齢者世代の負担を明確にし、公平で分かりやすい制度とするため、75歳以上の高齢者を対象に、新たな高齢者医療制度を創設するものです。
 この新制度がスタートすると、75歳以上の高齢者は市町村に保険料を納め、広域連合が交付する被保険者証を医療機関に提示して、診療を受けることになります。

●75歳の誕生日から対象になります
 75歳の誕生日を迎えた人(一定程度の障害がある人は65歳以上から加入可)は、その日から後期高齢者医療制度に加入し、保険料を納め、医療サービスを受けることになります。

●保険料は原則、年金から天引きします
 保険料の徴収については、年額18万円以上の年金受給者を対象に、年金から天引きします。それ以外の人については、口座振替などにより納めていただきます。
 なお、保険料については原則、県内均一の料率となります。

●医療費の負担は一般は1割、現役並み所得者は3割です
 医療を受けたときの自己負担(医療機関等での窓口負担)は1割です。
 ただし、現役並みの所得(145万円以上)がある人は3割負担となります。

新潟県後期高齢者医療広域連合のホームページです。
こちらもあわせてごらんください。
にいがた高齢者医療.com

問合先
新潟県後期高齢者医療広域連合
〒950-0965 新潟市中央区新光町4番地1
電話:025-285-3221 
Fax:025-285-3315
E-mail  jim02@niigata-kouiki.jp