・入院した場合、1か月の一部負担金は限度額までの負担となります。
・住民税非課税の世帯の人は、入院したときに病院窓口で支払う一部負担金と食事代が減額になる制度があります。
・該当する世帯の人は、必ず入院する前に申請をして「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。申請した月の初日から適用になりますので、交付後すみやかに病院窓口へ提示してください。

※「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示しなかった場合は、住民税課税世帯の食事代と自己負担限度額を病院窓口で負担いただきます。なお、自己負担限度額を超えた支払があった場合は、後日高額医療費として超えた金額を支給します。

◇食事代と自己負担限度額(月額)

所得区分

入院時の食事代
(1食)

入院時の医療費の自己負担限度額
(月額)

住民税課税世帯

360円

44,400円

住民税非課税世帯 90日までの入院

210円

24,600円

90日を越えて入院

160円

住民税非課税世帯のうち所得が一定基準に満たない方

100円

15,000円


手続きに必要なもの
○印鑑、健康保険証、過去12か月以内に入院していた分の領収書

ダウンロード