退職者医療制度とは、会社や公的機関などを退職し、厚生年金や共済年金を受給できる方とその扶養家族の方に、65歳になるまでの間、加入していただく制度です。平成27年3月31日以前に国民健康保険に加入された方に適用されます。

退職者被保険者とその扶養家族(被扶養者)が医療機関にかかった際の医療費は、本人の自己負担と保険税のほか、元の職場の健康保険からの「拠出金」が財源となっています。

国保加入の皆さんの負担軽減と国保の適正な財政運営につながりますので、該当する方で手続きがお済みでない方は手続きをしていただきますようお願いします。

なお、この制度は平成26年度末に廃止されましたが、平成27年度以降もそれまでの退職被保険者が65歳になるまでは、退職者医療制度の対象となります。

《 対象となる方 》
65歳未満で、次の条件にすべてあてはまる方とその被扶養者が退職者医療制度の対象となります。

○退職被保険者(本人)
1.国民健康保険に加入している方
2.厚生年金や共済年金など(国民年金以外の年金)を受給できる方で、これらの年金制度に20年(240月)以上、または40歳以降に10年(120月)以上加入していた方

○被扶養者(扶養家族)になる方
1.退職被保険者と同じ世帯で、主にその方の収入によって生計を維持している方
2.退職被保険者本人の配偶者及び三親等内の親族、または配偶者の父母と子
3.国民健康保険に加入していて65歳未満の方
4.年間の収入が130万円(60歳以上は180万円)未満の方

《 保険税・自己負担額 》
一般の被保険者と同じです。

《 保険証について 》
保険証には、退職者医療制度の該当者である旨が表記されます。
保険証の有効期限は65歳の誕生月末までです。退職被保険者本人または被扶養者が65歳になるとき、誕生月の下旬に新しい保険証を郵送しますので、保険証を切り替えてください。

《 届出に必要なもの 》
印鑑・保険証・年金証書(受給権取得年月、被保険者期間(加入月数)が記載されているもの)

ダウンロード