不受理申出とは?

 婚姻、離婚などの身分行為をする「意思のない者」又は「届書に署名したが、その後その意思を翻した者」が、その届出があっても受理しないようにあらかじめ申し出て、事前に防止するための制度です。

有効期間

 不受理申出の届出をした日から不受理取下書を提出するまで

対象となる届出

 ・婚姻届
 ・協議離婚届
 ・養子縁組届
 ・協議養子離縁届
 ・認知届

申出する人

 上記届の届出人

申出先

 市区町村役場の窓口

必要なもの

 ・印鑑
 ・本人確認ができるもの。
  1点でよいもの(運転免許証、住民基本台帳カード等、写真付の公的証明)
  2点以上必要なもの(健康保険証、年金手帳又は証書、介護保険証等)

注意事項

 ・提出の際は、開庁日に窓口へお越しください。
 ・不受理申出を取り下げしたい場合、不受理取下書を提出してください。