ごみの発生抑制や資源化のための目標と基本的な施策を定め、廃棄物の適正な処理処分を計画的に実行していくため、平成23年3月、糸魚川市一般廃棄物処理基本計画を策定しました。
 本計画は、本市が長期的・総合的視点に立って計画的なごみ処理の推進を図るための基本的方向を示すものです。
 本計画は、平成23年度から平成32年度までの10年間で策定しました。平成27年度は中間年にあたり、糸魚川市人口ビジョン策定による新たな人口推計が示されたことや、資源化施策の状況変化、これまでのごみ処理実績など、これらを踏まえた新たな目標値を設定することが必要となり、中間見直しを行いました。

基本理念

 本計画では「もったいない」の心を育み、発生抑制を基本とした3R(抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル))の推進により、環境負荷の少ない循環型社会を形成し、住みよいまちづくりを目指します。

もったいないね! で、住みよいまち いといがわ
~循環型社会の形成は3Rから~


基本方針

 基本理念の実現をめざす、基本となる方針を以下のとおり定めます。

【基本方針1】「もったいない」の心を育む
 市民一人ひとりがすぐにごみになるような使い捨て商品を避け、買ったものは、長く繰り返し使うという消費行動をとることが大切です。ものを大事にするという「もったいない」の心を大切にします。(発生抑制・排出抑制計画)

≪主な施策≫

1 「もったいない」の心を育む啓発活動の推進

2 環境学習等の推進

マイボトルの利用 

【基本方針2】 みんなで3Rの推進、ごみの減量化
  本計画で第一に目指すのは、ごみの減量化です。ごみの減量化には、市民の協力が必要不可欠です。行政はもちろんですが、ごみ処理に関する自らの責務を自覚し、みんなで協力して3Rを推進し、ごみの減量化を図ります(発生抑制・排出抑制計画)。

≪主な施策≫
1 ごみの発生抑制と減量化の推進

2 再使用・資源化の推進

    

生ごみ処理器の利用促進

【基本方針3】適正なごみ処理の推進
 市は、分別収集された資源ごみの再資源化や、燃やせるごみの処理、燃やせないごみの適正な処理・処分の責務を負っています。限りある資源を有効に利用するため、循環型社会に対応した分別区分と効率的な収集・運搬体制で行います。また、市内で発生するごみを適正に中間処理するとともに、安全に安定稼働ができるように施設の維持管理を図ります(収集・運搬計画、中間処理計画)。
 なお、現在搬入を停止している最終処分場の適正化を進めるとともに、環境保全に十分留意した施設整備を検討します(最終処分計画)。

≪主な施策≫

1 循環型社会に適したごみ処理の推進

2 適正処分の推進

  
ごみの減量化と資源化
 

糸魚川市一般廃棄物処理基本計画

中間見直し
 一般廃棄物処理基本計画(ごみ処理基本計画)中間見直し(PDF:479KB)

本編
 目次(PDF:447KB)
 第1章 ごみ処理基本計画の概要 P1~3(PDF:206KB)
 第2章 計画策定の背景 P4~11(PDF:1,097KB)
 第3章 ごみ処理の現状と課題 P18~29(PDF:624KB)
 第4章 将来のごみ量予測と減量目標 P32~36(PDF:436KB)
 第5章 ごみ処理基本計画 P38~56(PDF:533KB)
 第6章 計画の進行管理 P57~58(PDF:159KB)
 第7章 災害廃棄物処理計画 P59~69(PDF:314KB)

資料編
 目次(PDF:126KB)
 1 ごみ排出量の将来予測 P1~17(PDF:862KB)
 2 関係条例等 P19~24(PDF:240KB)
 3 計画の策定体制 P27~30(PDF:472KB)
 4 策定経過(上記ファイル参照)
 5 市民アンケート結果 P34~36(PDF:335KB)

概要版の作成

  糸魚川市一般廃棄物処理基本計画の概要版を作成しました。

 糸魚川市一般廃棄物処理基本計画(概要版) (PDF:3,030KB)