空から見た糸魚川



 日本海上空(高度約3,000m)から見た糸魚川市。中央の谷が姫川谷で、糸魚川―静岡構造線とほぼ一致する。向かって右側が西南日本(飛騨外縁帯)、左側が東北日本(フォッサマグナ地域)になる。

 右側の山地は北アルプスとその前山で糸魚川市の最高峰小蓮華山がある。

 左側の山地は西頸城山地で焼山、火打山、妙高山などがある。



標高の差 最高と最低

 最も低いところは海岸(海抜0m)

 最も高いところは小蓮華山(海抜2,766m)

 小蓮華山は新潟県の最高峰です。



地質の差 最古と最新

 市のほぼ中央を南北に走る糸魚川―静岡構造線。

 地質学では糸魚川―静岡構造線を境にして、西側を西南日本、東側を東北日本といいます。つまり、糸魚川には西南日本と東北日本の両方があるのです。

 糸魚川では糸魚川―静岡構造線の西側の地層は古く(4億年前~5千万年前)、東側の地層は新しい(1,500万年~現代)ものです。

 最新→230年前の江戸時代に噴火した焼山の火砕流堆積物

 最古→約5億年前にできたヒスイなどの変成岩類。




 糸魚川の自然が他の地域より多種多様なのは

 約2,800mにもおよぶ標高の差と約5億年もの地質の差が合わさっているからです。

 糸魚川の自然の質の高さを物語る一つの証拠として国立公園が市内に2つもあることが挙げられます。

 一つの市に国立公園が2つ(中部山岳国立公園・妙高戸隠連山国立公園 )もあるのは糸魚川だけです。