消防団とは

 市町村の消防機関の一つとして、ほとんどすべての市町村に設置されています。
 「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき、本業を持ちながら、地域の安全と安心を守るために活躍している人たちが集まっています。
 団員は、消防・防災に関する知識や技術を習得し、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょ活動などに従事し、地域住民の生命や財産を守るために活躍しています。
 また、平常時においても、訓練のほか、応急手当の普及指導、住宅への防火指導、特別警戒、広報活動などに従事し、地域における消防力・防災力の向上において重要な役割を担っています。
 これらのように、消防団は、地域における消防・防災の中核的存在として、今後も大いに活躍することが期待されています。

消防団員になり地域貢献を!
 糸魚川市では、消防団員の確保が厳しい状況です。
 地域の安全を守る重要な役割を担うために入団していただき、ぜひ、活躍をお願いします。
 また、能力や事情に応じて特定の活動にのみ参加する機能別消防団員も推奨しています。 近年の人員不足を補うため、昼夜を限定した活動や特定の災害種別にのみ活動し、消防団活動を補完する役割を担います。

消防団員イメージ

◆消防団員には、公務災害補償、年報酬、出動手当、退職報償金制度等があります。

公務災害補償

・療養補償・休業補償・補償年金
・介護補償・遺族補償・福祉事業 ほか

年報酬

階級により21,600円~140,300円

出動手当

1回 3,000円

退職報償金

5年ごとに階級・年数により200,000円~979,000円


外部リンク
 消防団のホームページ(総務省消防庁)